テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。
Windows 10
日本HPはビジネスにWindows 10 Pro をお勧めします。

2020.06.29

理想的なフリーアドレスを実現するビジネス向け2in1コンバーチブルPC「HP Elite Dragonfly」

リンクをクリップボードにコピーしました

社内コミュニケーションの促進などに効果的なフリーアドレス

img

近年、企業では業界・業種や規模を問わず「働き方改革」の実現に向けた取り組みが活発化しています。その一環として、オフィス環境の改善に効果を発揮するのが「フリーアドレス」です。

フリーアドレスとは、これまでのような従業員の固定席を設けず、社内の自由な場所で作業ができるようにする施策です。フリーアドレスのメリットとしては、作業場所を変えることで気分がリフレッシュされ、従業員のストレス軽減や新たなアイデアの創出効果が期待できます。また、普段は触れ合う機会が少ない人々との円滑なコミュニケーションやコラボレーションを促進したり、部署間をまたいだプロジェクトの発足・編成が容易になる、といった点も大きな強みです。加えて、固定席がないことで従業員が必然的に持ち物を取捨選択するようになり、物理的なスペースの削減効果も生まれます。そのほか、これまで固定席に回覧・保管されていた紙の書類が電子化され、メールやワークフローでのやりとりに変わることから、ペーパーレス化による経費削減、業務スピードの向上といったメリットも得られるのです。

フリーアドレスに最適なデバイスとは?

img

フリーアドレスを実現する上で、デバイスにはどのような性能・機能が求められるのでしょうか? オフィス内を持ち歩くため、まずは当然ながら持ち運びやすさが必要不可欠です。これは単純に軽量・コンパクトなだけでなく、移動中に振動や衝撃に耐えうる堅牢性も含まれます。もちろん、複数のアプリケーションを同時に利用する機会が多いビジネスシーンにおいては、業務がストレスなくこなせるスペックも必須条件といえるでしょう。また、フリーアドレスでは基本的に有線LANではなくWi-Fi経由でネットワークに接続することが多いため、高速通信が可能なネットワーク性能も重要視されます。

フリーアドレスでは、従来の固定席と比べてより多くの人々とコミュニケーションやコラボレーションする機会が増加します。そこで便利なのが、シチュエーションに応じてスタイルを変えられるコンバーチブルPCです。コンバーチブルPCなら、普段の作業が快適に行えるのはもちろん、資料を見ながら誰かと話し合ったり、立ち話をしながら手軽にメールをチェックしたりと、さまざまなシチュエーションに対応できます。

持ち運ぶ場所がオフィス内に限定されるとはいえ、万が一の事態を考慮して十分なセキュリティ対策も必須といえます。一般的なウイルス対策はもちろんのこと、利用者を限定する個人認証、情報漏えいを防ぐデータの暗号化、遠隔地からのロックやリモートワイプ、デバイスの追跡、といった機能も欠かせません。さらに、デバイスが固定席に置かれていない状況でもシステム管理者の負担が増加しないよう、モバイルデバイス管理(MDM)やグループポリシー設定、Active Directory/Azure Active Directory連携などが行えることも重要です。

そのほか、デバイス自体に直接関係することではありませんが、フリーアドレスでは作業効率をよりアップするために、液晶ディスプレイやドックなど各種周辺機器の充実度や親和性もポイントといえるでしょう。たとえば、広い作業領域が必要な従業員向けにいくつかの液晶ディスプレイを配置したり、周辺機器との接続が容易なハブを用意したり、といった施策によって、より快適に業務をこなせる環境が整えられます。

オフィス内を手軽かつ安心して持ち歩ける「HP Elite Dragonfly」

img

こうしたフリーアドレスに必要な条件を満たすデバイスとして、いま数多くの企業から注目を集めているのが、13.3インチ液晶を搭載したビジネス向け2in1コンバーチブルPC「HP Elite Dragonfly」です。

「HP Elite Dragonfly」は、幅約304.3mm×奥行き約197.5mm×高さ約16.1mm、重量はわずか999g※という、驚きの軽量・コンパクト設計を実現しています。しかも単純に持ち運びやすいだけでなく、軽さと堅牢性を両立するCNC削り出しのマグネシウムボディを採用。12万時間を超えるHP独自の品質・信頼性試験「HP Total Test Process For Elite & Pro Business PCs」および、米国国防総省制定MIL規格「MIL-STD 810G」に準拠した19項目ものテストをクリアする、圧倒的な堅牢性を誇っています。19項目のテストには、高さ76cmから26方向の落下、OS稼働状態における加速度40gで18回(6面×3回)の衝撃テストなど過酷な内容が含まれており、持ち運びによるデバイスへのダメージも気になりません。

ストレスなく業務をこなせる処理能力と高速ネットワーク

img

持ち運びやすいだけでなく、「HP Elite Dragonfly」はフリーアドレスでも快適に業務がこなせるスペックを持ち合わせています。CPUは第8世代インテル Core プロセッサーを、ストレージにはインテル Optane Memory H10とSSDの組み合わせを採用。OSや各種アプリケーションの高速起動はもちろん、マルチタスクもストレスなくこなすことが可能です。
さらにネットワーク関連では、従来規格「Wi-Fi5(IEEE802.11ac)」と比べて最大で1.4倍の高速通信が可能な、最新のWi-Fi規格「Wi-Fi6(IEEE802.11ax)」にも対応。Wi-Fi6は、複数台からの同時接続による通信効率も大幅に向上しているため、オフィスにおける快適なWi-Fi環境構築に役立ってくれます。

また、テレビ会議をする際にはWebカメラとマイクが必須です。HP Elite Dragonflyに搭載されているマイクは品質が高く、相手にクリアな音質で声を届けます。聞き取りやすい音声でコミュニケーションがとれるのも大きなメリットです。

多彩なシチュエーションでのオフィスワークに対応

img

「HP Elite Dragonfly」は、マルチタスクもストレスなくこなせる高いスペックを備えているだけでなく、13.3インチの液晶が天板方向へ360度回転する構造になっているのもポイントです。これにより、ノートPCライクに使える「ノートブックモード」、タッチやペンで直感的に操作しやすい「タブレットモード」、プレゼンテーションやビデオの共有に便利な「テントモード」、ストリーミングの動画視聴やビデオ会議に最適な「メディアモード」と、4種類のモードに変化させることが可能。テラス席でじっくりと作業をする、資料を見ながら誰かと話し合う、立ち話をしながら手軽にメールをチェックするなど、利用シーンに応じて最適なモードが選択できます。

企業の資産を脅威から守る強固なセキュリティ

img

セキュリティ性能に関しても、「HP Elite Dragonfly」はフリーアドレスに最適な機能が備わっています。ソフトウェアの面では、複数のソフトウェアソリューションを組み合わせて攻撃に備え、予防、検知、復旧を担保する「Sureシリーズ」を採用。万が一の攻撃で起動不可能な状態に陥ったとしても、短時間で復旧する仕組みが実装されています。
また、ソフトウェアだけに頼らない実践的なセキュリティ対策もポイントのひとつです。不正アクセス対策には、指紋認証や顔認証、NFCやBluetooth機器を含む最大3つの要素で認証可能な「HP マルチファクター」を採用。もちろん「Windows Hello」の顔認証と指紋認証にも標準で対応しています。液晶の上部ベゼルには、物理的なシャッター付きのWebカメラ「HP プライバシーカメラ」が搭載されており、プライバシー対策も万全。オプションとして、横からの覗き見による情報漏えいをワンボタンで防げる内蔵プライバシースクリーン機能「HP Sure View」が選べるのも魅力です。
ビジネス全般からモバイルシーンまで、幅広いシチュエーションに対応できる高いセキュリティ機能はオフィスではもちろん、フリーアドレス時の利用にも高い効果を発揮してくれます。

セキュリティ強化と管理負担の軽減を両立するWindows 10 Pro

img

OSにWindows 10 Pro(64bit)を採用しているのも、フリーアドレスを推進する上で重要なポイントといえます。Windows 10 Proなら、PCを別の場所から遠隔操作できるリモートデスクトップ機能が使えるだけでなく、盗難・紛失時にデバイスをロックするドライブ暗号化機能「BitLocker」や情報保護機能「Windows Information Protection(WIP)」でセキュリティを向上。システム管理者にとっては、モバイルデバイス管理(MDM)やWindows Serverを併用したグループポリシー設定、Active Directory/Azure Active Directoryのサポートなども魅力です。こうしたWindows 10 Proの各種機能に加えて、電源オフ状態でも常にリモート管理が可能な「インテル vProテクノロジー」対応モデルを選べば、デバイス管理にかかる負担を大きく軽減してくれます。

より快適なフリーアドレス環境を実現する多彩な周辺機器

img

HPでは、「HP Elite Dragonfly」と親和性が高い数多くの周辺機器をラインアップしており、理想的なフリーアドレス環境の構築をサポートしてくれます。たとえば、オフィス内に最大解像度1920×1080の液晶ディスプレイ「HP EliteDisplay 23.8インチワイドドッキングモニター E243d」を設置しておけば、USB-Cで「HP Elite Dragonfly」に給電しながら画面表示が可能。広い作業領域が必要な従業員が快適に作業できるようになります。また、ケーブル1本で多彩な周辺機器と接続できる「HP Thunderbolt3 ドック 120W G2」や、充電しながらHDMI/VGA/RJ45/USB3.0×1/USB2.0×1/USB-C×1に拡張可能な手のひらサイズの「HP USB-C Mini Dock」など、ハブのラインアップも充実しています。

このように「HP Elite Dragonfly」は、オフィス内に固定席を設けないフリーアドレスに適したスペックや各種機能を備えています。フリーアドレス用のデバイス選びに迷った際は、ぜひ候補に加えてみてください。

※ 重量999gは、2セルバッテリを搭載した最小構成での重量です。構成により重量は異なります。

HP Elite Dragonfly

重量999グラム、薄さ16.1mm、削り出しのマグネシウムボディの軽量ビジネスPC。多彩なセキュリティ機能に加え、覗き見を防止する内臓型プライバシースクリーン、物理シャッターを備えたカメラ、コラボレーションを促進する全方位をカバーのマイクなど、ビジネスに必要なすべてをエレガントなボディーに備えました。

  • Windows 10 Pro
  • 第8世代 Intel® Core™ i3 / i5 / i7 CPU
  • 8GB / 16GB / LPDDR3メモリ
  • 128GB / 256GB / 512GB SSDストレージ

HP Elite Dragonflyの詳細を見る


HP EliteBook x360シリーズ

最上位のフラッグシップシリーズです。360°回転するディスプレイにより、タブレットとクラムシェルの両方の形状で使用できるコンバーチブルPCは、あらゆるシーンに合わせて、さまざまなモードで使用可能。生産性を最大限に発揮し、作業効率を向上させます。14インチの「HP EliteBook x360 1040 G5」と13.3インチの「HP EliteBook x360 1030 G3」は、外出先や移動中も安定した通信環境を実現する、4G LTE-Advanced対応モデルも選択可能です。

  • Windows 10 Pro
  • 第8世代 Intel® Core™ i5 / i7 CPU
  • 8GB / 16GB / 32GB DDR4メモリ
  • 256GB / 512GB / 1TB / 2TB SSDストレージ

HP EliteBook x360シリーズの詳細を見る