テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。

2019.04.03

Windows 10 自動アップデートを停止して手動更新にする簡単な方法とは

Windows 10 のプログラムは、システムの改善やセキュリティの問題を取り除くため、定期的にアップデートされます。しかし、プログラム更新に失敗したり、アップデート後に不具合が生じたりすることもあります。また、プログラムは自動でアップデートされるため、パソコンが予期せぬタイミングで再起動されることもあります。
そこで、この記事では、Windows 10 の自動アップデートを停止し、手動更新に設定する方法を紹介します。

リンクをクリップボードにコピーしました

1.Windows 10 の自動アップデートを止める方法

Windows 10 の自動アップデートを停止する方法は、Windows 10 のPro版とHome版で少し異なります。Pro版で実施した設定だけ行っても、Home版では自動アップデートは停止しないので注意しましょう。

1-1.Pro版における自動アップデート回避方法

Pro版における自動アップデートは、2つの作業を行うだけで簡単に停止できます。まず、Windows Power Shellを使い、設定データベースであるレジストリのアップデートの項目を設定します。次に、アップデートに関する常駐サービスを「自動アップデート」から「手動」に変更して終了です。それでは、以下でその手順を説明します。

まず、レジストリの設定を行います。スタートボタンを右クリックし、「Windows Power Shell(管理者)」を選択します。Power Shellが開いたら、以下のカギ括弧中の文字列を入力し、エンターを押してください。
「reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “1” /t REG_DWORD /f」

正しく終了したとメッセージが表示されたら、1つ目の作業は完了です。

次に、サービスの設定を行います。スタート画面の検索欄へ「services.msc 」を入力し選択します。すると、「サービス」が開きますので、「Windows Update」をダブルクリックします。プロパティが開きますので、全般タブの「スタートアップの種類」で「手動」を選択してください。以上で、自動アップデートが停止します。

また、自動アップデートに戻す場合には、Power Shellにて以下の文字列を入力し、サービス設定の「スタートアップの種類」を「自動」に設定することで戻ります。

「reg add “HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\WindowsUpdate\AU” /v “NoAutoUpdate” /d “0” /t REG_DWORD /f」

1-2.Home版における自動アップデート回避方法

Home版で自動アップデートを停止するには、Pro版と同様にアップデート設定を手動で変更する方法と、ツールを使用する方法があります。

・方法①:アップデート設定を手動で変更する
Home版では、Pro版と同様の作業を行った上、さらにアップデートのスケジュール設定を変更する必要があります。そのため、ここではPro版で行った作業は済んだとして、スケジュール設定の変更方法を説明します。

①スタートメニューの「Windowsシステムツール」から「コントロールパネル」を選択
②「システムとセキュリティ」を選択。「管理ツール」の項目に表示されている「タスクのスケジュール」をクリック
③「タスクスケジューラ」が開くので、「タスクスケジューラライブラリ」のフォルダから「Microsoft」、「Windows」とクリックして進む
④その中に、「Update Orchestrator」というフォルダがあるので選択。右に表示される「Maintenance Install」を「無効」に設定
⑤「Windows」フォルダの中にある「Windows Update」を選択します
⑥これらを全て「無効」に設定
以上で、Home版の自動アップデートが停止します。

・方法②:ツールをダウンロードして使用する
ツールにより、自動アップデートを停止する方法もあります。無料のアプリとして「Windows Update Blocker」や「Windows 10 設定変更ツール」などがあり、アプリをインストールし、選択肢を選ぶだけで停止することが可能です。

2.Windows 10 を手動でアップデートする方法

自動アップデートを停止したので、手動でのアップデートが必要になります。セキュリティの問題もありますので、定期的にアップデートを行いましょう。また、更新前にはドライブの空き容量を確認し、その時のパソコンの状態が復元できる「復元ポイント」を作成しておくと良いでしょう。

手動更新は、Pro版とHome版で共通です。スタートメニューの設定をクリックし「更新とセキュリティ」を選択します。Windows Updateが開くので「更新プログラムのチェック」をクリックします。更新プログラムがあれば、そのまま更新が可能です。

3.自動更新を回避してあなたもストレスフリーになろう

Windows の自動アップデートは、思わぬタイミングで実施されることがあります。しかし、もしアップデートが仕事中の大事な場面で起こった場合、業務を滞らせることになりかねません。会社で使用するパソコンは手動更新に設定し、手動アップデートをこまめに行うことで、業務の遅延や情報漏えい等を起こさないようにしましょう。