テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。

2019.04.03

Windows 10 のフォントの追加方法は?システムフォントを見やすく変更する方法も紹介

Windows 10 を使用していて、「現状のフォントが読みにくい、変えたい」と思ったことはありませんか?現在、Windows 10 には「Yu Gothic UI」というフォントが使用されていますが、標準フォントは簡単に変更することができます。搭載されているフォントには他にも様々な種類があるので、その中から自分の好きなフォントにカスタマイズすること可能です。搭載されているフォントに好みのものがなければ、新しくインストールすることもできます。そこで今回は

・現状のフォントを最大限見やすくする方法
・別のフォントに変更する方法
・自分好みのフォントをインストールし、手動でフォントを変更する方法

をお伝えします。

リンクをクリップボードにコピーしました

1.Windows 10 の標準フォントについて

先述した「Yu Gothic UI」は、「游ゴシック ユーザーインターフェース」の略で、字游工房が作ったフォントです。このフォントは通常のゴシックフォントと比べて字間が狭く、特に英数字は全角と半角が判別しにくいと言われています。人によっては従来のWindows に装備されていた「Meiryo UI」よりも見づらいと感じるかもしれません。

2.現状のフォントを最大限に見やすくする方法

まずはフォントを変える前に、現状のフォントを最大限に見やすくする方法を解説します。
設定方法は以下の2つです。

・フォントサイズを変更する
・ClearTypeテキストの調整を利用する

具体的な設定手順をそれぞれ簡単に解説します。

2-1.フォントのサイズを変更する方法

文字を大きくしてシステムフォントを見やすくするには、最初にスタートボタンを右クリックします。メニュー一覧にある設定をクリックして、Windows の設定を開きましょう。
設定画面を開いたらシステムをクリックして、ディスプレイの設定画面に移動します。設定項目の中にある「拡大縮小とレイアウト」の項目である「テキスト、アプリ、その他の項目のサイズを変更する」を確認します。
サイズの変更は100%、125%、150%、175%の4段階あり、お好みのサイズに変更することでシステムフォントが見やすくなります。推奨されているサイズを選択することをおすすめします。

2-2.ClearTypeテキストの調整を利用する

ClearTypeテキストはシステムフォントを見やすくする機能です。
設定するには
コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>フォントのプレビュー、削除、表示または非表示
の順に開いて、左メニューにある「ClearTypeテキストの調整」をクリックします。
「ClearTypeテキストの調整」にアクセスする方法はほかにも、タスクバー上の検索ボックスに直接入力して検索する方法や、
Windows の設定>個人用設定>フォント
の中に表示される「関連設定」セクションのリンクから開く方法があります。
設定画面を開いたらまず「ClearTypeを有効にする」にチェックを入れて次に進みます。複数のテキストサンプルが現れるので、見やすいサンプルをクリックして次に進みましょう。
設定が完了したらClearTypeテキストが有効になり、システムフォントが見やすくなります。

3.Windows 10 の標準フォント「Yu Gothic UI」を変更する

現状のフォントを最大限見やすくしても、やはり別のフォントに変えたいという方はフリーソフトの使用をおすすめします。今回は「MeiryoUIも大っきらい!!」というソフトを使った変更を簡単にご紹介します。
以下サイトからダウンロードすることができます。
https://www.vector.co.jp/download/file/winnt/util/fh703303.html

1.ダウンロード後、zipファイル「noMeiryoUI234.zip」を解凍
2.ダブルクリックで「noMeiryoUI.exe」を開く
3.ポップアップに現状のフォント一覧が表示されるので「Yu Gothic UI」とされているフォント部分を「選択」から任意のフォントに変更

「一括設定」ボタンで、すべてのフォントを一括で変換することも可能です。

4.新しいフォントを追加する方法

これまでの方法をすべて試してもなお、自分好みのフォントにならないという方のためには、以下の方法もあります。

・インターネットでダウンロードする(無料も有料もあります)
・ショップから購入し、DVD-ROMからインストールする

4-1.インターネットでダウンロードする場合

以下のサイトでは、無料で好きなフォントをダウンロードすることができます。
http://fontfree.me/

1.zipファイルでダウンロードされるので、解凍
2.後はコントロールパネルを開くか、ダブルクリックすることでフォントをインストールすることができます。

4-2.DVD-ROMからインストールする場合

フォントはフォント提供会社から購入する、もしくはAmazonなどのネットショップから購入する方法があります。
フォント提供会社では以下の会社が有名です。

・フォントワークス株式会社
https://fontworks.co.jp/
・株式会社モリサワ
http://www.morisawa.co.jp/
・株式会社タイプバンク
https://www.typebank.co.jp/

フォントをインストールするには2つの方法があり、個数によって適切なインストール方法が異なります。具体的なインストール手順を知っておきましょう。

4-3.フォントの追加インストールの手順

パソコンにフォントをインストールするには

1.コントロールパネルから追加する方法
2.右クリックで追加する方法

があります。

4-3-1.コントロールパネルから追加する方法

コントロールパネルから追加する場合、
コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>フォントのプレビュー、削除、表示または非表示
の順にアクセスし、次にフォントの一覧に追加したいフォントファイルをドラッグアンドドロップします。するとパソコンに新しいフォントが導入されます。

4-3-2.右クリックで追加する方法

複数のフォントをインストール場合は、
エクスプローラーでフォントファイルを範囲選択>右クリック>インストール
をクリックしましょう。選択したフォントをまとめて追加できます。

4-4フォントがインストールされたか確認する

新しいフォントが追加されたか確認するには、コントロールパネルでフォントの保管場所にアクセスすることで確認できます。
コントロールパネル>デスクトップのカスタマイズ>フォントのプレビュー、削除、表示または非表示
の順にアクセスし、保管場所に追加したフォントがあるか確認して、プレビューしてみると問題なくインストールできているか分かります。

インストール時にエラーが発生した場合、フォントがインストールされていない可能性があります。拡張子が対応していない場合やファイルが壊れている場合はフォントを追加できないので、注意しましょう。

4-5.追加したフォントをofficeで使用する

追加したフォントは、システムフォントだけではなく、Microsoft のoffice ソフトであるWordやExcelをはじめとした各種アプリケーションでも利用することができます。
追加したフォントを利用する場合、文字を入力する時にメニューからフォントを選択します。使いたいフォントをクリックすることで、より最適なデザインの文字を使用することができます。

5.フォントをカスタマイズしてWindows 10 をより使いやすく

いかがでしょうか?Windows 10 のフォントは簡単に変更することができるので、お好みに合わせてカスタマイズに挑戦してみてください。自分のお気に入りのフォントで、作業効率も上がるかもしれません。