テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。

2019.04.03

Windows 10 の起動が遅すぎる!そんな時に試したい方法3選

使い始めた当初は快適に動いていたWindows 10 も、長く使っているうちに起動時間が遅くなり、イライラさせられることが増えていませんか?大事な会議でパソコンの起動が遅いと焦ってしまいますよね。それだけではなく、パソコンの起動に時間がかかると生産性の低下にもつながってしまいます。

この記事では、Windows 10 の起動が遅くなる原因や、それを改善するための対処法についてご紹介します。OSを再インストールしたり、パソコンを買い替えたりしなくても動作が改善する可能性がありますので、ご一読ください。

リンクをクリップボードにコピーしました

1.起動が遅いのはどうして?考えられる原因

Window 10 の起動が遅いと感じるとき、考えられる原 因には次のようなものがあります。

1-1.キャッシュがたまっている

パソコンを使い続けていると、大量のキャッシュファイルが溜まっていきます。キャッシュとはアクセス頻度の高いファイルを一時的に保存する仕組みのことで、処理速度を向上させるメリットがあります。しかしキャッシュファイルが増えすぎてしまうと、パソコンの起動スピードが遅くなってしまうというデメリットがあります。

1-2.起動時に無駄なプログラムが起動している

パソコンには最初からプリインストールされているアプリがたくさんあります。これらのほとんどは業務では利用していないにもかかわらず、パソコンの起動時にあわせて起動しているものがあります。起動するアプリが多いほど無駄にリソースを消費してしまうため、パソコンの起動時間も遅くなってしまいます。

1-3.バックグラウンドで不要なアプリが動いている

情報の受信や通知、アップデートの確認などを行うためにバックグラウンドで動作しているアプリがあります。
このようなバックグラウンドで動作しているアプリもパソコンのシステムリソースを消費しているため、パソコンの起動時間や動作に影響を与えている可能性があります。
こういったパソコンの起動を遅くしている原因は、Windows 10 の設定を見直したり、定期的に不要なファイルやアプリを削除することで解消することができます。そのための方法を紹介していきます。

2.キャッシュファイルをクリアする

先述した「キャッシュがたまっている」ことが原因の場合は、キャッシュファイルをクリアすることで解決できます。キャッシュファイルはパフォーマンスを向上させてくれる反面、ずっとパソコンを使っていると知らない間に大量に溜まってしまい、動作が重くなる原因になります。定期的にキャッシュファイルの削除を実施してパフォーマンスを改善させましょう。それでは、具体的に削除する方法を解説します。

2-1.一時ファイルのキャッシュには「ディスククリーンアップ」を使う

一時ファイルとは、プログラムが処理を実施している間、データを一時的に保存しているファイルのことです。通常必要がなくなった一時ファイルはプログラムが削除してくれるのですが、そうでない場合もあります。削除されなかった一時ファイルを手動で削除するには、「ディスククリーンアップ」というツールを利用します。

ディスククリーンアップの実施方法を説明します。

1.タスク バーで「ディスク クリーンアップ」を検索
2.クリーンアップするドライブを選択し、「OK」をクリック
3.削除するファイル一覧の中から「一時ファイル」を選択

 次のようなファイルの中も、合わせて削除してしまってよいでしょう。
 ・ダウンロード
 ・ゴミ箱
 ・一時ファイル
 ・縮小表示

4. チェックが終わったら「OK」をクリック
5. 「これらのファイルを削除しますか?」と聞かれたら「ファイルの削除」をクリック

以上でディスククリーンアップは完了です。

2-2.ウェブブラウザのキャッシュを削除する

ウェブブラウザでは、ユーザがあるページにアクセスするたびにそのページの情報(HTMLファイルや画像ファイルなど)をキャッシュに追加しています。次回同じページにアクセスした際に、早く読み込むことができるためです。
このようなインターネット一時ファイルも、増えすぎるとトラブルの原因となる可能性がありますので定期的に削除するようにしましょう。
削除方法はお使いのブラウザによって異なりますが、ここではInternet Explorer 11 についての実施方法を説明します。

1.Internet Explorer の「ツール」メニューから「インターネットオプション」をクリック
2.「全般」タブの「閲覧履歴」にある「削除」をクリック
3.「インターネット一時ファイルおよびWebサイトのファイル」にチェックを入れ、「削除」※それ以外の項目は必要に応じてチェックを外す

以上でウェブブラウザのキャッシュ削除は完了です。

3.不要なプログラムを削除する

次に、「起動時に不要なプログラムが起動している」場合の対処法をお伝えします。

パソコンを購入すると、最初からいろんなアプリがインストールされていますが、そのほとんどは業務で使用していないのではないでしょうか。不要なアプリはパソコンのリソースを無駄に消費するだけですので、見つけたらアンインストールしましょう。
例えばPCメーカー関連のアプリや最初から入っている映画やゲームのアプリ、普段使っていないメールやカレンダー、ニュースや天気などのアプリなどはアンインストールして削除してしまって問題ないないでしょう。

それでは、実際に不要なアプリのアンインストールする方法を説明します。

1.スタートメニューから設定を選択します。
2.「アプリ」をクリックするとインストールされているアプリが表示されます。
3.不要なアプリを選択しアンインストールを実行します。

以上でアプリのアンインストールは完了です。

4.バックグラウンドで起動しているアプリを停止する

最後に、原因3「バックグラウンドで不要なアプリが動いている」場合の対策をお伝えします。Windows 10 ではバックグラウンドで動作しているアプリがいくつかあります。普段利用しないアプリをバックグラウンドで動かしていると、メモリやバッテリーなどのリソースを無駄に消費してしまうことになり、パフォーマンスが発揮できません。不要であれば停止させましょう。
バックグラウンドで起動しているアプリを停止する方法について説明します。

1.スタートメニューから設定を選択
2.「プライバシー」をクリックし、左のメニューから「バックグラウンドアプリ」を選択
3.バックグラウンドでの実行を許可しないアプリを選択し「オフ」に変更

これでバックグラウンドで起動しているアプリの停止手順は完了です。

5.PCをスムーズに起動して、快適な作業を!

いかがでしたでしょうか。
今回はWindows 10 の起動が遅い場合の対処法をご紹介しました。どれも初心者でもできる簡単な方法ばかりですが、一連の作業をおこなうだけでも一定の効果が期待できます。パソコンの起動時間が遅くてお悩みの方は、各項目を試してみることで快適なパソコン環境を手に入れましょう。