テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。

2019.04.12

Homeと何が違う?Windows 10 Proの機能とメリット

Windows 10 は、従来のWindows の良さをそのままに、作業効率が図れる便利機能やセキュリティ機能などが充実していることで注目している人は多いでしょう。特に、Windows 10 Proは個人向けのHomeと異なり、ビジネスに適した高機能で使いやすい仕様になっています。しかし、Windows 10 Pro に関心が高い企業の経営者やIT担当者の中には、導入に向けてもう少し情報を収集したい人もいるかもしれません。Windows 10 Pro のメリットは、Hyper-V機能やリモートデスクトップ機能といった、ビジネスに最適なツールが充実していることです。この記事では、Windows 10 Pro の仕組みや、導入することでどんな変化や利便性が期待できるのかを解説していきます。

1.Windows 10 Pro の概要

Windows 10 Pro の導入を具体的に検討するためには、概要を知ることが重要です。そこで、ここではWindows 10 Pro とはどのようなものか、基本情報についてまとめていきます。Windows 10 Pro の基本的な仕組みや、Windows 10 Homeとの違いについて説明しましょう。

1-1.Windows 10 Pro とは

Windows はMicrosoft社が開発したOSのことで、さまざまなパソコンにインストールして使えるのが特徴です。そのため、Windows を使用することは、ユーザーにとって自分の好みに合ったパソコンを使えるというメリットがあります。「Windows 10 Pro 」は2015年7月に一般公開されたバージョン、Windows 10 のエディションの1つです。エディションとは、機能や仕様、価格など異なるタイプを指します。Windows 10 のエディションにはProの他にHomeがあります。Windows 10 Pro の特徴は、動画や画像の保存に便利なOneDriveやAIアシスタントのCortanaに代表される革新的な機能です。特に充実しているのはネットワークやセキュリティ機能で、Azure Active Directoryによってクラウド経由での接続ができ、業務を行ううえで心強いツールとなってくれるでしょう。

1-2.HomeとProの違い

Windows 10 にはProとHomeの2つのエディションがありますが、ここでは、この2つの違いについて説明していきます。まず一番の違いは、Homeは一般家庭向けであるという点です。価格も個人の使用に適していると言っていいでしょう。これに対してProはビジネス向けという分け方がされています。基本的な違いは搭載されている機能で、これによって価格も異なっているのです。Homeにはない機能でProに搭載されているのはHyper-V機能やBitLocker機能で、これ以外にも、グループポリシー管理やEnterprise Mode IEなど、Homeに比べて10以上も多い機能が備わっています。グループポリシー管理はWindows 10 のカスタマイズに必要な機能であり、カスタマイズをするならProを選ぶのが自然な流れと言えるでしょう。

2.Windows 10 Pro を利用するメリット

Windows 10 Pro を企業が利用するメリットは、ビジネスで使ううえで便利な機能が充実していることがあげられます。さらに、メモリ容量が多いという点もビジネスでは外せない条件と言えるでしょう。これらの条件の他にもセキュリティ面に関することなど、Windows 10 Pro をビジネスで利用するメリットについて詳しく説明していきます。

2-1.ビジネス向けの機能が充実している

Windows 10 Pro のビジネス向けの機能として注目したいのは、複数のパソコンの仮想化を可能にするHyper-V機能や、社内のパソコン管理がしやすいドメイン参加機能、そして、遠隔操作が可能なリモートデスクトップ機能です。この段落では、これらの機能について説明していきましょう。

2-1-1.Hyper-V機能で複数のパソコンを仮想化できる

Hyper-V機能とは、複数のパソコンを仮想化できることです。仮想化とは、実際には1台のパソコンしかないのに、複数台のパソコンが存在しているように情報を分割できる仕組みのことを言います。情報を分割する仕組みとは、Windows 10 上でWindows 7 やMacOSなどのような異なる複数のOSを動かせるということです。違うOSを動かすには、通常であればそれぞれのOSをインストールした個別のパソコンが必要になります。しかし、Hyper-V機能を使えば、1台のパソコン上で仮想的に異なるOSの実行が可能になるということです。

では、なぜ1台のパソコンで複数のOSの操作ができると便利なのか、説明しましょう。例えば、Windows 7 にしか対応していないソフトを動かしたいとき、わざわざWindows 7 がインストールされたパソコンを用意しなくても、1台のパソコン上で動かすことができます。取引先など、相手が古いOSを使っている場合、データを渡す際にバージョンを落として保存することがありますが、実際に開けるかどうかを自分のパソコン上でテストすることも可能になり、ビジネスでの作業が効率的になるでしょう。

2-1-2.ドメイン参加機能で社内のパソコン管理ができる

ドメインを統一すると、社内のパソコン管理が一元化できるというメリットがあります。Windows 10 Pro のドメイン参加機能は、それぞれのユーザーの権限を集中して管理できるネットワークシステムで、ドメインへの参加によって共通のアカウントやセキュリティシステムなどの利用が可能です。ドメインの参加機能は会社だけではなく、例えばプロジェクトに参加しているメンバーでまとめるという使い方をするのもいいでしょう。会社や組織に関係のない外部の人間がシステムにアクセスすることを防ぐことができ、セキュリティ面での強化が期待できます。

2-1-3.リモートデスクトップ機能で遠隔操作ができる

リモートデスクトップ機能とは、外出先など離れた場所からデスクトップパソコンを遠隔操作できる機能のことです。スマートフォンやタブレットがあれば、仕事に必要な簡単な作業やデータの確認程度は可能なものが増えてはいます。しかし、デスクトップパソコンでしか作業できない機能やソフトを操作する必要が出たときには、一旦会社のデスクに戻るまで作業はできません。すぐには戻れないときでも、VPNなどの接続環境さえあれば、リモートデスクトップ機能を利用することで、外出先からでもデスクトップパソコンを操作することを可能にしてくれるのです。

ただし、問題点としてVPNなどの接続環境を整えることがあげられます。実際に利用してみたいと考える人の中にはVPNがネックとなってなかなか実現できない人も少なくはありません。VPNとはインターネット上に仮想の専用線を設けることで、ハードルが高いと感じてしまうのが主な原因です。しかし、VPNを設定しない場合でも、リモートデスクトップ接続が可能なツールが出ているので、利用してみましょう。

2-2.メモリ容量が多い

Windows 10 Pro はメモリ容量の大きさがずば抜けていると言っていいでしょう。64bit版の場合、Homeエディションの最大メモリは128GBですが、これに対してWindows 10 Pro は2TBという多さです。メモリが必要になる作業といえば、画像や動画編集があります。例えば、Adobe社のPhotoshopの場合なら、古いバージョンのCSでも8GB以上のメモリが推奨されています。CCになってからは、プロ向けのPhotoshopでストレージ容量は100GB以上が推奨されており、それだけ大きいメモリが求められます。実際にどのような業務を行うのか、どんなソフトを使うかでも違ってきますが、快適に作業を進めるうえでメモリは欠かすことができません。メモリ容量が少ないとネット通信にも影響が出てしまい、それだけ作業効率が下がることになります。つまり、ビジネスでパソコンを使うに当たって、メモリ容量が多いことは譲れない条件と言えるでしょう。

2-3.セキュリティ対策が備わっている

第三者がネットワークに侵入してデータの改ざんを行ったり、データそのものを盗んだりすることは、いつどこで起こっても不思議ではありません。パソコンをインターネットに繋いでいる以上、誰の身にも起こり得ることです。しかし、情報漏洩はネットワークを通さない場合にも起こる可能性があります。例えば、パソコンそのものが盗難に遭ったり、紛失したりするようなケースです。Windows 10 Pro には、BitLocker機能という暗号化機能が搭載されており、万が一パソコンの盗難や紛失があったときにも高いレベルでのセキュリティを可能にしています。BitLocker機能は、パスワード入力の他にスマートカードやTPMセキュリティチップ、USBを使った外部キー、回復キーなど、解除するための認証手段がいくつも用意されており、厳重です。BitLocker機能は、Windows Vista から搭載されている暗号化機能で、解除されない限り情報を抜き取ることはできません。

3.Windows 10 Pro を利用するデメリット

Windows 10 Pro にはデメリットもあります。デメリットとしてあげられるのは、まず価格が高いことです。他にも、機能が複雑化していることなどもデメリットになるかもしれません。この段落ではWindows 10 Pro のデメリットについて説明しましょう。

3-1.価格が高い

Windows 10 Pro は、Homeと比べると機能が多い分、価格設定もやや高めになっているのがデメリットと言えます。Homeの場合は1万7000円前後で販売されていることが多いのに対して、Windows 10 Pro は安いもので2万円程度のものから2万5000円前後という価格帯です。Windows 10 Pro は、Homeに比べると5000〜8000円高いのが相場と考えていいでしょう。価格にばらつきが出るのは販売店の違いによるもので、販売価格が安い店舗を見つけることができれば、購入費用を抑えることは可能です。

ただし、ビジネスやプロ向けの機能や高いセキュリティなどを念頭に置けば、この5000〜8000円の差額は安いと考えることはできるかもしれません。できるだけ安い予算での導入を考えている人にとっては高い買い物と言えますが、どこまでの機能を使うかで、Homeとの価格の差が高いか安いかは分かれるところでしょう。

3-2.機能が複雑化している

価格の次にWindows 10 Pro のデメリットとしてあげられるのが、機能の複雑さです。便利な機能がWindows 10 Pro の魅力でありながらデメリットになるというのもおかしな話ですが、機能が複雑化していることで、使い方がわからなくなってしまう人がいるのが、その理由となっています。Windows 10 Pro はHomeに比べて10以上も機能が多く、使う人によってはそれだけ覚えることが多く、難しいと感じるかもしれません。使い方次第ではHomeでも十分足りてしまうこともあるため、ビジネスで使うといってもWindows 10 Pro を購入する必要がない場合もあります。ビジネスでの購入を考えるときには、どんな目的で使うかを決め、必要な機能がどこまでそろっているかどうかで、Windows 10 Pro かHomeにするかを決めるといいでしょう。

4.Windows 10 Pro の購入方法

Windows 10 Pro の購入方法は2通りあります。マイクロソフトの公式サイトでダウンロードする方法と、通販、または家電量販店などで購入する方法です。この段落では、それぞれの購入方法について説明していきましょう。

4-1.マイクロソフト公式でダウンロード

マイクロソフトの公式サイトでWindows 10 Pro を購入するには、専用ページから直接ダウンロードを行います。以前はUSBでも購入が可能でしたが、2019年3月22日現在ではUSBは日本語版も英語版も在庫切れになっています。そのため、公式サイトからの購入はダウンロードのみです。価格は、税込み2万7864円で、やや高いのはデメリットに感じるかもしれません。Windows 10 Pro をダウンロードするには、速度が1 GHz 以上のプロセッサに、20GBのハードディスク空き容量などの要件が必要になります。もちろん、快適にダウンロードできるネット環境に接続できることも要件の一つと言えるでしょう。

マイクロソフトの公式サイトから購入するのは、価格が高めという問題はありますが、テクニカルサポートやダウンロードサポートを受けられるというメリットがあります。OSをダウンロード購入することに抵抗のある人や、初めて利用する場合には、サポートを受けられることで安心感は得られます。購入に関して疑問があれば、すぐに決めずに、まずはサポートに問い合わせをしておくのもいいでしょう。

4-2.通販サイトで購入

マイクロソフトの公式サイト以外でも、通販サイトや家電量販店でWindows 10 Pro を購入することができます。価格帯は販売サイトや販売店によって幅があり、1万円台後半から2万円半ばといったところです。通販の場合はダウンロード購入とパッケージ版の2通りの購入方法がありますが、販売店選びはやや慎重にしたほうがいいかもしれません。ダウンロードしたものの、実際にはHomeがインストールされてしまうなどのトラブルが発生する場合もあります。通販の場合はまず価格を見て比較し、さらに利用者のレビューを参考にして決めるのもいいでしょう。

家電量販店での購入は、パッケージ版が主流です。パッケージ版とは、従来のCDやDVDなどからインストールする方法の製品のことで、他にマニュアルなどの冊子が付属します。以前からWindows を使っていて、ダウンロードは不安という場合は、パッケージ版を購入するのもよい選択肢と言えます。ただし、パッケージ版の場合はパソコンに専用のドライブが付いているのが前提なので、注意しましょう。CDやDVDを読み取るドライブが付いていないパソコンの場合は、ダウンロード版を購入するか、または外付けのドライブが必要です。

5.Proの機能を理解してビジネスシーンで活用させよう

Windows 10 Pro には、プロ仕様の機能やビジネスで活用できる機能が豊富にそろっています。Homeエディションでも、十分必要な機能はついていますが、画像など容量の大きなものをスムーズに処理するような作業や、複数名で共通のアカウントを使用したい場合には、Windows 10 Pro が向いています。実際には、どこまでの機能が必要かで決めることも大切ですが、価格で考えてしまい、購入してから後悔する場合もあるかもしれません。業務として利用するなら、セキュリティやメモリ容量などは重視したほうが無難です。ビジネスを円滑に進め、情報の安全を優先するためにも、Windows 10 Pro の導入を検討してみてはいかがでしょうか。