テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。

2019.05.23

Windows 10 完全シャットダウンの特徴やメリット、やり方を徹底解説

Windows 10 のパソコンを使っていて、調子がよくないことはないでしょうか。もしかしたら、シャットダウンが関係しているかもしれません。Windows 10 にはシャットダウンのほかに、完全シャットダウンという機能があります。
今回はこれらの2種類のシャットダウンの説明と方法について、わかりやすくご紹介していきます。

1.Windows 10 のシャットダウンは2種類ある

Windows 10 には、いわゆる通常のシャットダウンと完全シャットダウンの2つがあります。シャットダウンと完全シャットダウンは何が違うのでしょうか。

1-1.シャットダウン

Windows 10 のシャットダウンとは、USB機器などに通電したまま、Windows を終了している状態を指します。完全に電源が落ちているわけではなく、パソコンの操作状況が保持されています。この操作状況の保持は、高速にスタートアップすることを目的としています。高速スタートアップを目的としたシャットダウンは、Windows 8 から導入されています。

1-2.完全シャットダウン

USB機器なども含めて、電源を完全に落としている状態を指します。操作状況は保持されません。Windows 7 以前は、シャットダウンというとこの完全シャットダウンのことを指していました。

2.2種類のシャットダウンのメリット・デメリット

Windows 10には、シャットダウンと完全シャットダウンの2種類がありますが、これらの2種類のシャットダウンにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

シャットダウン
メリット
・完全シャットダウンに比べると、起動が速い

デメリット
・不具合の原因になることがある

完全シャットダウン
メリット
・不具合をあらかじめ回避する
・完全シャットダウンをすることで不具合が解消される可能性がある

デメリット
・シャットダウンと比べると、起動が遅い

3.2つのシャットダウンを使い分ける

それでは、いつシャットダウンと完全シャットダウンを使えばよいのでしょうか。Windows 10 のシャットダウンと完全シャットダウンはそれぞれ次の場合に使います。

シャットダウン
・PCを早く使いたいとき

完全シャットダウン
・周辺機器を導入するとき
・PCの調子がよくないとき
・しばらくPCを使用しないとき
・トラブルをあらかじめ避けたいとき

4.「再起動」と「シャットダウンしたあとに電源をいれる操作」の違いとは?

「再起動」と「シャットダウンをしてそのあと電源を入れること」は違います。それでは、どのような違いがあるのでしょうか。

再起動は、PCを完全シャットダウンした上で起動することです。そのため、再起動では完全に電源が落ちます。何か問題が起きたときは、シャットダウンして電源を入れるのではなく、再起動をしてください。なぜなら、周辺機器に関連するトラブルが再起動で解決する可能性があるからです。

5.完全シャットダウンする方法

それでは、どのようにすれば完全シャットダウンすることができるのでしょうか。ここでは、以下の4つの方法について順番にお伝えしていきます。

・簡単に完全シャットダウンする方法
・常時、完全シャットダウンにする方法
・コマンドプロンプトで完全シャットダウンする方法

5-1.簡単に完全シャットダウンする方法

設定を変えずに完全シャットダウンする方法は以下の通りです。

1. 画面左下の 「Windows マーク」をクリック
2.「電源マーク」をクリック
3. キーボードのシフトキーを押しながら、「シャットダウン」を選択

5-2.常時、完全シャットダウンにする方法

この設定をしておくと、シャットダウンを選択するだけで毎回、完全シャットダウンを行います。

1. 画面左下の「Windowsマーク」を右クリック
2. 「システム」をクリック
3. 「電源とスリープ」をクリック
4. 「電源の追加設定」をクリック
5. 電源オプションウィンドウが開くので、「電源ボタンの動作を選択する」をクリック
6. 「現在利用可能ではない設定を変更します」をクリック
7. 「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外す
8. 「変更の保存」をクリック

5-3.コマンドプロンプトで完全シャットダウンする方法

コマンドプロンプトから完全シャットダウンを実行するには、管理者権限として実行する必要があります。

1. 画面左下の「Windows マーク」をクリック
2. メニュー内にある「Windows システムツール」をクリック
3. 「コマンドプロンプト」を右クリック
4. 「その他」をクリック
5. 「管理者として実行」を選択。※ ユーザアクセス制限のメッセージが出る場合は許可
6. コマンドプロンプト上で、「shutdown /s /f /t 0」 と入力すると、完全シャットダウンが始まる

6.完全シャットダウンを駆使しよう!

今回はWindows 10 のシャットダウンについてお伝えしました。通常のシャットダウンでは、周辺機器の情報などをハードディスクに格納します。完全シャットダウンではこの格納を行わずに、電源が完全に落ちます。完全シャットダウンをすると、パソコンの起動は、通常のシャットダウンよりは遅くなるものの、トラブルの可能性を避けることができます。
状況に合わせてシャットダウンと完全シャットダウンを使い分けていきましょう。