テクノロジーの最新トレンドと日本HPのデバイスを中心に紹介しています。
Windows 10
日本HPはビジネスにWindows 10 Pro をお勧めします。

2020.06.03

Zoomウェビナーとは?特徴とミーティングとの違いを解説

リンクをクリップボードにコピーしました

新型コロナウイルスの影響により、一気に普及した「オンライン会議サービス」。中でもユーザーが急激に増加しているのが「Zoom」なのですが、実はZoomには、手軽にライブ配信を行える「Zoomウェビナー」というサービスがあることをご存知でしょうか。
今回はZoomウェビナーの特徴や、ミーティングとの違いを分かりやすく解説していきます。ぜひ、参考にしてみてください。(※本記事は2020年5月現在の情報を基に作成しています)

img

Zoomウェビナーとは?

Zoomウェビナーとは、ウェビナー利用に特化した、オンライン上でセミナー配信を行えるサービスのことです。そもそもウェビナーは、「Web」と「セミナー」を掛け合わせた造語で、オンライン上で実施するセミナーのことを指します。
Zoomウェビナーを使えば、多地点参加のライブ配信イベント等、手軽に開催することができます。

Zoomウェビナーの特徴

Zoomウェビナーには、次のような特徴があります。

Facebook LiveやYouTubeへのライブ配信
サービス連携を行っているため、Zoomでセミナーを行いながらFacebookやYouTubeへのライブ配信が可能です。

オンデマンド視聴
「記録スクリプト機能」や「自動生成スクリプト機能」でウェビナーを自動的にクラウドに録画し、視聴者の都合のいいタイミングでウェビナーに参加することができます。

レポートの作成
登録者や出席者のエンゲージメントをレポートにまとめ、次のセミナーに活かすことができます。また、作成したレポートはcsvファイルへのエクスポートが可能です。

質疑応答用ダイアログボックス
ライブ回答やテキスト回答が可能な「質疑応答用ダイアログボックス」を利用することができます。また、「バーチャル挙手機能」で視聴者参加型のウェビナーを開催することが可能です。

ウェビナーの収益化
オプションで有料ウェビナーの提供が可能です。視聴者は、Paypalやクレジットカードで決済を行うことができます。

このようにZoomウェビナーは、サービス内容もウェビナーに特化していることが分かります。

Zoomミーティングとの違い

次に、Zoomが提供するもう一つのサービス・「Zoomミーティング」との違いを紹介していきます。

<ZoomウェビナーとZoomミーティングの違い>

Zoom ミーティング Zoom ウェビナー
定員(最大) 無料ライセンス:100人
有料ライセンス:500人
100~10,000人
※ライセンスにより異なる
視聴のみ参加 ×
参加者一覧の閲覧権限 全参加者 ホストとパネリスト
ビデオの共有権限 全参加者 ホストとパネリスト
ライブ配信 Workspace by Facebook Workspace by Facebook
Facebook
YouTube
カスタムストリーミングサービス
Q&A ×

このように、Zoomミーティングは「会議」、Zoomウェビナーは「セミナー」を目的として最適な機能を提供しています。正直なところ、小規模であればZoomミーティングでウェビナーを行っても支障はなさそうですが、より本格的にウェビナーを実施したいのであれば使い分けるのがおすすめです。

Zoomウェビナーを開催するには

Zoomウェビナーの開催は、次の手順で行います。

<前提>
Zoomウェビナーの利用には、有料プランへの加入が必須となります。ウェビナーの規模に合わせて100名~10,000名が参加可能なライセンスを購入しておくようにしましょう。

1. Zoomにログイン
2. 左メニューの [ウェビナー] > [ウェビナーをスケジュールする] をクリックします。
3. ウェビナーに関する基本事項を入力します。
・トピック
・概要
・開催日時
・所要時間
・登録
 ※チェックを入れると参加者はウェビナー参加時に氏名とメールアドレスの入力が必須になります。
・ウェビナーパスワード
・ビデオ
・音声
・ウェビナー
 ※「ウェビナーを自動的にクラウドに録画する」にチェックを入れると、オンデマンドでの視聴が可能となります。
4. [スケジュール] をクリックしウェビナーを作成します。
※設定は後からでも変更できます。
5. ウェビナー一覧に追加されているトピックのリンクから、パネリストや参加者を招待することができます。
・パネリストの招待…「招待状」タブ >「パネリストを招待」の [編集] をクリックし、パネリストのメールアドレスと氏名を入力すれば、メールにて招待の通知が届きます。
・参加者の招待…「招待状」タブ > 「参加者を招待」に表示されている登録URLを共有します。
6. 必要に応じて「投票」や「質疑応答」機能の設定を行います。

これで、ウェビナーを開催する準備が整いました。

Zoomウェビナーへ参加するには

ホストから共有された登録URLをクリックすると、ウェビナー登録画面が表示されます。氏名とメールアドレスを入力し、[登録] をクリックすれば、ウェビナーに参加することができます。
※ホストが登録を必須にしていない場合は、氏名とメールアドレスの入力は必要ありません。

【まとめ】Zoomウェビナーでライブ配信を楽しもう

アンケートの実施やQ&Aの募集など、通常のセミナーさながらにオンライン上でセミナーが行える「Zoomウェビナー」。FacebookやYouTubeへの「ライブ配信」や「レポート作成」など、Zoomミーティングにはない便利な機能も利用することができます。
Zoomウェビナーを上手く活用して、ライブ配信を楽しんでみてはいかがでしょうか。

img
テレワークは働き方改革のリトマス試験紙
従業員の能力を発揮させるために人事部門ができること
 

【資料】テレワークは働き方改革のリトマス試験紙

下記必要事項を記入の上、ボタンを押してください。

【資料】テレワークは働き方改革のリトマス試験紙

 


 

HP Elite Dragonfly

重量999グラム、薄さ16.1mm、削り出しのマグネシウムボディの軽量ビジネスPC。多彩なセキュリティ機能に加え、覗き見を防止する内臓型プライバシースクリーン、物理シャッターを備えたカメラ、コラボレーションを促進する全方位をカバーのマイクなど、ビジネスに必要なすべてをエレガントなボディーに備えました。

  • Windows 10 Pro
  • 第8世代 Intel® Core™ i3 / i5 / i7 CPU
  • 8GB / 16GB / LPDDR3メモリ
  • 128GB / 256GB / 512GB SSDストレージ
HP Elite Dragonflyの詳細を見る

 

HP EliteBook x360シリーズ

最上位のフラッグシップシリーズです。360°回転するディスプレイにより、タブレットとクラムシェルの両方の形状で使用できるコンバーチブルPCは、あらゆるシーンに合わせて、さまざまなモードで使用可能。生産性を最大限に発揮し、作業効率を向上させます。14インチの「HP EliteBook x360 1040 G5」と13.3インチの「HP EliteBook x360 1030 G3」は、外出先や移動中も安定した通信環境を実現する、4G LTE-Advanced対応モデルも選択可能です。

  • Windows 10 Pro
  • 第8世代 Intel® Core™ i5 / i7 CPU
  • 8GB / 16GB / 32GB DDR4メモリ
  • 256GB / 512GB / 1TB / 2TB SSDストレージ
HP EliteBook x360シリーズの詳細を見る